なんだか似ている英語系資格をすっきり解説します

こんばんは、なぎです。

一足お先にテスト終わりました。ひゃっほい!

 

社会人の人がよく言っている言葉、それは…

 

 411

「大学生のうちに英語勉強しておけばよかったー!!!!」

 

たしかによく聞きます。

 

でも、正直、大学の英語の授業でちゃんと勉強できてますか?

結局高校までとあまり変わらない授業多くないですか?

 

そうなると、やはり自分で目標を決めて勉強するのが1番かと。

 

わかっているんですよ、多くの大学生が。

TOEICやらTOEFLやら受けた方がいいんだってことくらい!

 

でも英語の資格って意外とたくさんあるんです。

外国語学部生のわたくし、調べてみました。

ちなみに英語の授業は今年度とっておりませんがね。

 

44-02

 

【英語の資格】

  • TOEIC

アメリカ発のテストだが、受験者のほとんどは日本人・韓国人。

企業の昇進や採用時に用いられる。リスニングとリーディングだけのマーク式試験で、総合的な英語力は評価できない。合否ではなく、スコアが出る。

TOEIC Speaking&Writing もある。TOEIC Bridgeは初級者向け。

 

 

  • TOEFL

アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・EUなどの大学に申し込む際のスコアテストとして認められている。

最近はイギリスの大学でもTOEFLが認められず、IELTSに移行する傾向がある。IPTは団体向け。ibtは個人でコンピューターに向かって受けるもので、リスニング・リーディング・ライティング・リスニングのすべてをはかる。

 

 

  • IELTS

カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・アイルランドなどの高等教育で認められているが、アメリカの一部の大学は認めていない。

アカデミックモジュール(大学・大学院留学用)とジェネラル・トレーニング・モジュール(移住申請用)の2つがある。世界中で受験者増加中。

 

 

  • 実用英語技能検定(英検)

英検にも商業英検、工業英検などがあるが、定番はこの実用英語技能検定。BULATS

団体受験のみ。日本英語検定協会がケンブリッジ大学英語検定機構と提携してEUを中心に世界に普及しているビジネス英語能力テスト「BULATS」を、より日本に合わせて開発したもの。実際のビジネスシーンに必要なコミュニケーション能力を、リスニング・リーディング・ライティング・リスニングすべてを評価する。

 

s_photo_00781

 

大学生がチャレンジしやすい代表の資格はこの5つ!

さらに専門的なものもあるけれど、まずはこの辺りはいかがでしょう?

TOEFLとIELTSは受け入れ機関を調べてから受験しましょう!

どちらもOKという場合は、問題形式を見て得意な方にするのがよさそうですね!

 

 

なかなか勉強できない…という人は、先に試験を申し込んで、

嫌でもやらなきゃ!と追い込む作戦もいいかもしれませんね。

 

 

Fin.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AUSILの最新情報をお届けします

TwitterでUni-Seacrhをフォローしよう!

なぎ

なぎ

投稿者プロフィール

大阪生まれ、千葉育ちの大阪大学外国語学部インドネシア語専攻3回生。エレクトーン、バイオリン、茶道、体育会部活のマネージャーなど、好奇心旺盛で多岐に渡って手を伸ばす。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebookでもチェック!

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る