5/12 「ぷちでガチ!育休MBA講座」見学レポート

5月12日に、私たちユニサーチの顧問の西山さんが講義なさった「ぷちでガチ!育休MBA講座」の見学をさせていただきました! 講座開始直前、会場には20名ほどのママさんと20名ほどの赤ちゃん。元気な笑い声や泣き声が聞こえ、なんだか微笑ましいな~と思っていました。 2016_05_12育休MBA_14   ところが!講座が始まると、予想以上に本格的! 初受講の人向けに「調査」についての説明がありました。 統計学は10万人の命を賭けられる唯一の方法なのだとか…! 2016_05_12育休MBA_9   その後、チームごとに調査後の発表がありました。 2016_05_12育休MBA_10 「子供の習い事について」「有給利用について」「夫について」「教育費について」など、 どれも働くママさんたちが日頃から気になっているのであろうテーマでした。 大学生の私にとっては、新しい視点がたくさん… 自分も将来こんなことを悩む日が来るのかなぁ…と思いました。   そしてその各チームの発表に驚きました! とても凝っていて、でも見る側のことを考えて作ってあるスライドの数々!! そのスライドの中の定量調査が本当に本格的!! ママさんのネットワークを利用して150人以上の方に調査していたチームもありました。 2016_05_12育休MBA_6   子育てをし、家事をしながら、こんなに本格的な調査ができるなんて… とママさんのたくましさに感動しました。   プレゼンするときも、赤ちゃんをだっこしていたり、 講義中もすぐにおむつを替えたり、おっぱいをあげたり、 学びながら赤ちゃんのお世話をするママさんたちは、私の目にとても輝いて映りました。 ママさんは「育児で手一杯!」というものだと勝手に思っていましたが、熱意さえあれば学ぶことだってできることを実感しました。 13234563_1292981467383039_229531868_o   私も将来、もしも子供を産んだら、こうやって輝いているママになりたいなぁと強く思いました。     講義のあと、わざわざ見学者の私のところに「私も阪大だったよ!」と数名のママさんが話しかけてくださって、いろいろなお話をすることができました。応援の言葉までいただいて、とても心強かったです!     ただ、ママさんたちの会話から、考えさせられることもありました。 「今日ベビーカーできたの?」 「電車乗ったら迷惑だから嫌だったけど、荷物が多くて…」 という声が聞こえたのです。   たしかに混んでいる電車の中でベビーカーは場所をとるかもしれませんが、電車に乗るたびにそのような引け目を感じていたなんて考えもしませんでした。   そのような視点で帰り道を歩いていると、ちょっとした段差や細い道など、まだまだ改善できる環境がたくさんあるなと感じました。   頑張るママさんたちがより生活しやすい環境は、もっと作っていけると思います。 私も、数年後にママさんになるかもしれない立場として、少しでもそういうことを考えていきたいなと思いました!  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AUSILの最新情報をお届けします

TwitterでUni-Seacrhをフォローしよう!

なぎ

なぎ

投稿者プロフィール

大阪生まれ、千葉育ちの大阪大学外国語学部インドネシア語専攻3回生。エレクトーン、バイオリン、茶道、体育会部活のマネージャーなど、好奇心旺盛で多岐に渡って手を伸ばす。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebookでもチェック!

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る