安すぎるセール!お店の利益はどこから出るの?

こんにちは、

夏のクリアランスセールで服やカバンを漁りまくっております、なぎです。

 

消費者にとってはうれしいセールですが、80%や90%OFFというのは、お店にとってプラスなのでしょうか…?

 lgi01a201401152300 

 

アパレル業界は顧客獲得のために、他店との競争を意識しています。

その結果、セールの早期化や長期化を招いているそうです。

基本的にセールは7月からスタートするものでしたが、

最近は6月くらいから「感謝セール」や「○周年セール」などと、

お店ごとに独自のセールを展開していますね。これも早期化・長期化の影響です。

 

 

そんな現状もありますが、

お店にとってセールの1番の目的は「在庫の処分」です。

 

 

処分とはいっても、焼却処分な訳がないですね。

商売なので、処分する在庫を利用して、利益を生み出す工夫があります。

 

一番のポイントは、店頭の「マネキン」です!

560x560-max-0df00109df2c4e2d66d74d2cd51c8707-14351867984027-photo 

GUの店頭。このようにおしゃれなマネキンが並んでいますね。

 

マネキンのコーディネートは、実際にとても売れるそうです。

 

そのため、セール品と定価販売品をどっちも使ってコーディネートしています。

そのコーディネートをそのまま買わせるっていう戦略なわけです。

 

固い言葉で言うと、消費者の購買意欲を高めて、全体の利益を上げる、ということですね。

 

処分のほかにも、「新規顧客獲得」という目的があります。

 

「安くなってるし、入ってみようかなぁ」

と考えるお客さんをゲットしたいんですね。

 

お店によっては、「セール時にこそ接客に気を配れ!」というお店もあるようですよ!

 

 

純粋にショッピングを楽しむだけではなく、

こんな目線でマネキンをチェックしたり、お店の人を見たりするのも面白いかもしれないですね!

 

 

とはいえ、あんまり怪しい行動をしないように…笑

 

 

参考URL

http://magiciandaisuke.com/?p=785

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-07-08/sale/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

AUSILの最新情報をお届けします

TwitterでUni-Seacrhをフォローしよう!

なぎ

なぎ

投稿者プロフィール

大阪生まれ、千葉育ちの大阪大学外国語学部インドネシア語専攻3回生。エレクトーン、バイオリン、茶道、体育会部活のマネージャーなど、好奇心旺盛で多岐に渡って手を伸ばす。

この著者の最新の記事

関連記事

Facebookでもチェック!

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る